ゆったり配当株投資、ちょっぴり配当金生活

高配当株投資に関する公開ブログです。いつの日か、早期リタイヤして、配当金生活を。

配当+優待銘柄のコレクションに、カーリットホールディングス(日本カーリット)を購入

   

本日、カーリットホールディングスを1単位だけ購入しました。

4275 カーリットホールディングス x 100株 @502
– 3月決算銘柄。中間配当なし。
– 配当利回り: 1.79% + ギフト券1500円
– 爆薬、信号用火工品、工業薬品、電極・電解装置、電子材料、機能性材料など、様々な事業分野へ進出

カーリットホールディングス、10/1に、日本カーリット(4271)がホールディング会社になったものです。

配当+優待銘柄としては、「日本カーリット」の名前はよく知られているので、既に保有されている方も多いのでは。
僕も今更ながら、配当+優待のコレクションに目覚めたので、コレクション、いや、ポートフォリオに加えてみました。

本当は、純粋に配当金だけの銘柄で、9末配当落ちを狙っていたのですが、あまり下げてきませんので、前から少しずつコレクションを開始した配当+優待銘柄に物色の手を伸ばした感じです。

で、株主優待は、UCギフトカード1,500円分(3月末、100株以上)とのこと。

年間配当9円+ギフト券1500円と考えると、配当利回りは、4.77%程度に跳ね上がります。
UCギフトカードなら、ほぼ現金と考えても差し支えないように思います。

Yahooファイナンスを見に行っても、カーリットホールディングスのチャート(1か月チャート)は10/1からしか載っていなので、
日本カーリット時代のチャート(1年チャート)も下に貼り付けておきます。

20131011_carlit2

20131011_carlit

昔は400円~500円の間を行き来していたようですが、アベノミクス相場で5月頃に吹き上げて、現在は500円あたりが1つの目途かなという感じですね。

先日、コメント欄でわんわんさんにお言葉を頂きましたが、
配当+優待株は、ナンピンすると、総合利回りが下がるということになりますので、分散買いできないというか、こういった銘柄は1単位のみ保有するから総合利回りが良いのであって、買うのは1回のみ。後は、保有しているのを忘れて、優待がなくならない限り、放置運用。究極のトレード奥義、「無の境地」で望むのがよろしいようで。

あと、日本フエルトも買いまして、それは次の記事で。

 - 取引記録



336

336

  関連記事